BORAX

- Boraxについて -

管理機関による取り決めに従って下記ようにシンボルマークで表示されている物もございますが、表示されていない工業用品や殺虫剤など、以下のような使用製品例などございます。

今までにキャビアを食べたとき、生臭さを感じたり、不自然に旨みをつよく感じた経験はあるでしょうか?そういったキャビアにはBoraxという化学薬品が添加されている可能性が高くあります。

Boraxというのは・・・EU圏内においてキャビアを生産加工する際に防腐剤、保存料としてキャビアに添加される化学薬品です。

チョウザメの養殖場において水温管理等のシステムを導入するには、莫大な資金がかかるということもありこのシステムを導入していない生産者はキャビアの採取時期が限られます。冷凍処理や真空処理を施さない冷蔵の状況下においては、強めの塩分で仕上げたとしても長くても3か月が保存の限界となる為、このBoraxという薬品を防腐剤、保存料として使用しているのです。しかも、このBoraxを使用することで、防腐や保存効果だけでなく、うまみを強く感じさせるといった効果があるため使用業者は後を絶ちません。

しかし、本来このBoraxという化学薬品はホウ酸ナトリウム鉱石を精製したものであり、主に殺虫剤や工業加工品に使われているものです。Boraxには、静菌作用があるため日本においてもかまぼこなどの食品の防腐剤として過去に使用されたことがありますが肝臓障害、消化管障害があること、また中毒症状により死に至る場合もあることが解明されており現在は食品への使用が禁止されております。

ホウ酸とその化合物は、細胞毒性と中枢神経抑制作用で全身新陳代謝の低下、虚弱、昏睡をきたすと考えられており、推定致死量は成人8~30g 中毒量は成人1~3gと言われています。日本厚生労働省によると現在Boraxそのものが、過去の事例から日本国内においての食品添加物として指定された化合物ではない為、現状Boraxを使用した輸入食品への食品安全検査は実施されておりません。また、生産者から自主的に使用の申告がない限り検査が義務付けられていないということもありそのまま市場に流通してしまっているという現状にあります。

“国内に輸入されているキャビアで日本分析センターの検査をうけ、基準をクリアしているのは唯一弊社の商品のみとなっております。”是非ともお客様自身で、安全なフレッシュキャビアをお選びいただけたらと思っております。

管理機関による取り決めに従って下記ようにシンボルマークで表示されている物もございますが、表示されていない工業用品や殺虫剤など、以下のような使用製品例などございます。