Distinction

- 特徴について -

ブログ

  MOTTRAの最も重要な特徴は、
チョウザメの養殖(飼育)方法です。
  通常、川や湖の水を使用して養殖を行いますが、
当社では地下200mから地下水を汲み上げ、さらにそれを
濾過しミネラルウォーターにも匹敵する淡水を使用しています。
重金属、放射性核種、農薬やダイオキシン、そして人間が
作り出した副産物などを含まない水は、淡水に生息する
チョウザメにとって大きなメリットになります。
  その他の大きな特徴として、使用されるエサがあります。
遺伝子組み換えの大豆は、価格が安く自然素材でもあり
多くの生産者がチョウザメのエサとして使用しています。
しかし、私たちは遺伝子組み換えのエサを使用することには
反対です。
MOTTRAでは最高品質で環境に優しいエサを与えるために
調査機関に多額の投資をしています。
その中で常に変化する環境に対応できるエサの開発に成功しました。
そして現在も、特定のチョウザメの種類それぞれに対しての
高度なエサの開発を続けています。
  当社はキャビアを搾取する際に、チョウザメに対して
とても優しく接しています。多くのキャビア養殖場では
チョウザメのお腹を開腹して卵を取り出しますが、MOTTRAでは
専門の獣医がエコー検査をし、チョウザメにとって最適なタイミングで
マッサージを行い、自然の産卵を促すようにキャビアを搾取しています。
また、搾取の段階においてホルモン剤やステロイドの使用もせず、
搾取後も防腐剤処理や化学薬品等の添加も一切していません。
最終工程で微量の塩のみを添加しているだけです。
そして、それらの工程をおこなう加工施設は常に滅菌状態にあります。
  他社の製品とは異なるもう一つの重要な点は、
一年を通してキャビアの生産を行っている事です。
通常チョウザメの産卵は春と秋ですが、MOTTRAではキャビアの
成熟過程を慎重にコントロールすることで、本来は不可能であった
通年の生産することを可能にしました。これは自然に依存している者に
とって非常に大きなメリットと言えます。
また、MOTTRAでは養殖においてチョウザメが卵を
産卵するまでに通常10年間を要するところ、
チョウザメにとって自然界よりも最適な環境を維持することで、
7年間でキャビアの生産をすることに成功致しました。